赤外線ランプについての詳細な情報を載せています

このサイトでは赤外線ランプと太陽光の特徴や違いについて解説しています。
様々な測定に用いられることの多い光の中でも目に見えない状態で利用されるこのランプは通常のものとは異なり間に非常に特殊な性質を持っているため、使用法に関しても十分な注意を必要とするものになります。
ここではそれぞれの特徴や注意点のほか、測定における使い方と選び方についても詳細に示しており、効果的に様々な情報を得るためのポイントを解説しています。

赤外線ランプと太陽光

赤外線ランプと太陽光 赤外線ランプは太陽光とは異なり目に見えない光を利用したものであるため、その取り扱いには十分な注意が必要です。
効果的にこれらの光を集めることにより様々な温度変化や含まれる成分の分析などを効果的に行うことができるのです。
加えて赤外線ランプはその構造によっては低い温度で利用することができるため周囲の環境の影響を受けない状態で利用することが可能となっており、様々な用途に利用されるものとなっています。
より高い精度の測定を行うためにはその特性を十分に理解しなければなりませんが、これらの情報と特性を適切に利用することで通常ではおこなえない様々な情報の入手をすることができるので非常に便利なものとなっているのです。

生活にも密接な関係がある赤外線ランプと紫外線について

生活にも密接な関係がある赤外線ランプと紫外線について 日常生活において深い関わりをもつものに赤外線と紫外線があります。
一般的には赤外線ランプやUVの名称で知られており、現在では多くの関連商品で見ることができます。
赤外線と紫外線はどちらも電磁波の1つであり、赤外線は1800年にハーシェルによって発見され、1835年になってアンペールによって電磁波であることが示されています。
赤外線は区分によって近赤外線・中赤外線・遠赤外線の3種類に分かれます。
中でも遠赤外線は広く利用されており、応用例には製紙や塗装、プラスチック、木材・建材など多くの分野で乾燥から硬化、調理や保湿といった内容があります。
例えば、コタツへの利用でも知られる赤外線ランプは、実用化に関しては1879年にトーマスエジソンが最初と言われており、日本においては戦後に画期的な加熱手段として登場しています。
因みに、市場に出始めたのは1970年代に入ってからであり、最初に利用されたのは塗料の乾燥工程においてです。
紫外線は太陽から広範囲に放出されており、言葉を意味するultravioletを略してUVとしても表現されます。
殺菌作用は1901年にストレーベルによって確認されたといわれており、1905年には最初の殺菌ランプが作られ、現在では医療関連を始め様々な殺菌装置に利用されています。
一方、多く当たると皮膚への影響や結膜に悪影響が出ることが知られており、生活上は特に気にしなくてよい赤外線に比べ注意が必要になります。

NDIRおすすめリンク

NDIRの精度

新着情報

◎2019/7/24

電気による赤外線ランプヒーター
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

赤外線ランプの選び方
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

赤外線ランプの温度
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「赤外線 太陽光」
に関連するツイート
Twitter

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長の赤外線をカットできないカーフィルムは、

RT @complex_face: 肌を老化させる三悪✅ ⚠️光老化 紫外線と同じ太陽光に含まれる近赤外線は皮膚の奥深くまで届きシワ弛みをもたらす ⚠️肌のサビ・酸化 汚染物質や日常生活の乱れでも生じる。くすみハリ低下 ⚠️肌のコゲ・糖化 過剰な糖質と蛋白質が結合し老化物質AG…

Twitter🚫悪質業者→うさまりゅ@整形垢@botobotobotob

返信 リツイート 昨日 12:28

東京五輪マラソン競技での暑さ対策でもある遮熱性舗装。太陽光のうち赤外線を跳ね返し道路が蓄熱するのを防ぐ仕組みだが、実際のマラソン競技は早朝にシフトされているので、むしろ赤外線からの熱は道路に吸収させ路上温度の上昇を防ぐほうが合理的なのではないかと思う。遮熱性舗装は逆効果だ。>RT

肌を老化させる三悪✅ ⚠️光老化 紫外線と同じ太陽光に含まれる近赤外線は皮膚の奥深くまで届きシワ弛みをもたらす ⚠️肌のサビ・酸化 汚染物質や日常生活の乱れでも生じる。くすみハリ低下 ⚠️肌のコゲ・糖化 過剰な糖質と蛋白質が結合し老化物質AGEを生成、太陽光でより促進。 糖尿や骨粗鬆症の原因にも

Twitterうさまりゅ@整形垢@usa88_star

返信 リツイート 昨日 5:38

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長の赤外線をカットできないカーフィルムは、

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長の赤外線をカットできないカーフィルムは、

車内の温度を上げる要因・赤外線を大幅カット赤外線は、目に見える光ではありません。車窓から入り込む太陽光の中に含まれる赤外線は車内の温度を上げる大きな原因となっています。

車内の温度を上げる要因・赤外線を大幅カット赤外線は、目に見える光ではありません。車窓から入り込む太陽光の中に含まれる赤外線は車内の温度を上げる大きな原因となっています。

リモコン テレビの無線リモコンの起源は、1955年にアメリカで開発された「フラッシュ・マティック」というもの。現在は主に赤外線を使用しているが、当時は可視光を用いており太陽光などで誤作動が頻発したという。その後、超音波式を経て現在に至る。

Twitter「モノの種」ナビ!スピシード@spi_seed

返信 リツイート 9/19(木) 3:01

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長の赤外線をカットできないカーフィルムは、